Home

映画 の あらすじ

舟を編む の解説・あらすじ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間やフォトギャラリーなども。. エンドレス・ラブの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。17歳の少年と15歳の少女の禁じられた激しい恋を描くラブ. See full list on eiga-watch. 【映画ファンが注目】ネトフリが贈る極上ミュージカル大作!Netflixオリジナル映画 『ザ・プロム』の見どころを徹底解説(年12月11日配信開始). 映画 の あらすじ コロンビア映画 ソニー・ピクチャーズ: 公開: 年 9月24日 (第48回ニューヨーク映画祭) 年10月1日 年10月23日 (第23回東京国際映画祭) 年 1月15日: 上映時間: 120分: 製作国: アメリカ合衆国: 言語: 英語: 製作費: ,000,000: 興行収入: 4,920,315 14. ”という台詞で、若干、意訳気味なのですが、心に残るという意味で名訳といっていいでしょう。 ちなみにウガーテを演じたピーター・ローレは、フリッツ・ラングの『M』では異常犯罪者、ロイ・ウィリアム・ニール監督の『黒い天使』では悪徳オーナーを演じるなどさまざまな役を演じている個性派俳優です。本作でも出番は少ないながら、きらりと光る個性を発揮しています。. 【公開】 1946年(アメリカ) 【原題】 Casablanca 【監督】 マイケル・カーティス 【キャスト】 ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン、ポール・ヘンリード、クロード・レインズ、マルセル・ダリオ、ピーター・ローレ、ドーリー・ウィルソン 【作品概要】 第二次世界対戦時、仏領モロッコのカサブランカを舞台に、ハンフリー・ボガートとイングリッド・バーグマンが共演したラブ・ストーリー。誰もが認める名作中の名作。. 道 の解説・あらすじ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間やフォトギャラリーなども。.

このニュースに激怒したロジャー。全面否認し、ありとあらゆる手段を使い反撃に出ます。局内ではロジャーに従い、グレッチェンに続く女性は出てこないと思われていました。しかし、ロジャーがFOXニュースを創設する前にセクハラを受けていたという女性が6名現れました。 しかし局ではロジャーに恩を感じ忠誠を誓うチーム・ロジャーと呼ばれる女性もたくさんいました。メーガンは、番組でロジャーの無実を報道するようアドバイスされますが、沈黙を守ります。その一方で、どれだけの被害者がいるか、独自に調査をはじめました。その結果、ロジャーだけではなくジムと幹部のジャックまで名前があがり、FOX全体にセクハラが蔓延している事実を知りました。その中にはケイラの告白もありました。 ついにメーガンは証言することを決断し、外部の法律事務所へ出向きました。自分の前には22人の訴えがあったことを知りさらに驚きます。メーガンの告白はトップニュースになりロジャーの怒りは頂点に達しました。 ところが、グレッチェンはこれまでに1年もの間、ロジャーとの会話を録音していたことが分かりました。ロジャーが否定することを見越して、信用性を損なわせるために、これまで録音を黙っていたのでした。これによりロジャーは負けを認めざるを得なくなりFOXニュースの会長兼CEOの退任へと追い込まれました。 FOXニュースではロジャー退任を受けて、オーナーのルパート・マードック(マルコム・マクダウェル)がCEOとして指揮を執ることが発表されました。結局、内部の人間がまたトップに返り咲いたことになります。 ケイラはマードックが社員を集め演説をしている途中で立ち上がり、バッグを持って局を去りました。 以上、映画「スキャンダル」のあらすじと結末でした。. 映画レビュー 映画レビュー人気作品ランキング. 映画あらすじの要約チャンネル「マッハ映画」へようこそ!今回はsf超大作、「インターステラー」のご紹介です。気になった方はぜひ映画を見. 年に買って.

映画『ボディガード(1992)』ネタバレ・あらすじ。ホイットニー・ヒューストンの「歌を聴く映画」感想「ケビン・コスナー役得」結末は「オールウェイズ・ラヴ・ユー」です。映画『ボディガード(1992)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も. 1日前 「ルパンの娘2」最終回8話あらすじネタバレ杏がlの呼吸で活躍し映画化も?; 2日前 リモラブ7話あらすじネタバレ・イチャコラの時と場合と度合いと相手とは?. 第二次世界大戦中、ヨーロッパではナチスドイツの侵略が広がると多くの人がアメリカを目指しました。 亡命者たちにとって中継地リスボンへの道のりは厳しいものでした。パリからマルセイユ、地中海を渡りオランへ。そこからフランス領モロッコのカサブランカに行き、飛行機でリスボンに飛ぶという複雑な経路をとるのです。 金やコネがあるものは出国ビザを入手出来ますが、多くの人はカサブランカで足止めをくっていました。 ある時、ドイツ人情報員が殺害され、通行書を奪われる事件が発生。犯人はカサブランカに潜伏中との情報がはいり、地元の警察は犯人探しにやっきになります。 カサブランカの空港にはドイツ空軍のシュトラッサー少佐が降りたち、迎えに来たルノー署長に事件について尋ねます。ルノーは犯人の目星はついている、リックの店で逮捕すると応えます。 リックの店「カフェ・アメリカン」はアメリカ人のリックが経営しているバー兼カジノです。 リックのもとにウガーテという男がやって来ました。彼はリスボンへの通行書を手に入れて人に売る約束をしているのだが、一時間ほど預かってくれないかと頼み、カジノへ向かいました。リックは通行書をピアノの中に隠します。 ルノーが来てリックに忠告します。「ラズロという反ドイツの政治活動家が出国ビザをほしがっている。妻と二人で出国するつもりらしい。しかしここに留まらせる。フランス警察の力を見せてやるのだ。決して邪魔をするな」と。 シュトラッサーが到着し、警察はウガーテを逮捕します。ドイツ人を殺害して通行書を奪ったのはウガーテだったのです。 しばらくしてラズロとその妻が店にやって来ました。彼女はピアニストのサムと知り合いのようで言葉を交わしています。 彼女はサムに「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」をリクエストします。サムが弾き始めると、リックがやってきて「その曲は禁止だぞ」と強い口調で言います。すぐに女性に気付き二人は見つめ合います。 彼女はかつての恋人、イルザでした。「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」は想い出の曲。パリ、凱旋門、二人で過ごした幸福な日々がサムの脳裏を横切ります。 ドイツ軍がフランスに進行し、明日にもパリにやってくるという日、一緒に逃げる約束をしますが、待ち合わせの駅に彼女は現れませんでした。それっきり逢うこともないと思っていたのに。彼は酒で気持ちを紛らわせようとしますが、動揺. © BH Tilt 【公開】 年(アメリカ映画) 【原題】 Upgrade 【監督】 リー・ワネル 【キャスト】 ローガン・マーシャル=グリーン、ベティ・ガブリエル、ハリソン・ギルバートソン、ベネディクト・ハーディ、リチャード・カウトーン、メラニー・パレイヨ 【作品概要】 『アップグレード』は、リー・ワネルにとって『インシディアス3』に続き2度目の長編映画監督作品です。製作はヒットメーカーのブラムハウス・プロダクション。本作は批評家から高評価を獲得し、サウス・バイ・サウスウェスト映画祭で観客賞を受賞しています。.

. 自分とそっくりな顔をしたドッペルゲンガーを3人見たら死ぬ. Photo by Stefan Duscio – © Universal Pictures メカニックのグレイ・トレースは、顧客である天才発明家エロン・キーンの車を修理。車を届けた帰りに足が必要な為、妻・アシャに頼み一緒に行ってもらいます。 エロンの家は地下に建造されており、最先端の機能を装備しています。グレイとアシャが到着すると、エロンは自分が作ったステムと呼ばれるコンピューター・チップを2人に見せ、全てを可能にする最先端の脳だと説明します。 自動運転車で帰路に着いたグレイとアシャですが、自宅とは反対の方角へ向かっていることに気が付きます。搭載されたAIは機能不全に陥り交通事故を引き起こします。 そこへ複数の男達が現れ夫婦を襲います。AIの緊急通報に応じたドローンが上空を飛行する中、アシャは射殺されグレイも背中を撃たれます。 脊髄を損傷したグレイは身動きが取れず、救急車のサイレンを聞きながらアシャが自分を見つめたまま息絶える所を目にし涙を流します。 四肢麻痺となったグレイは車いすの生活を余儀なくされ、薬の服用も自宅のAIに頼る生活。 映画 の あらすじ ドローンが録画した事件当時の映像では犯人の特定が出来ないとコルテス刑事から聞かされ、グレイは更に落ち込んでいきます。 グレイは自宅のAIに薬剤の過剰摂取をさせ、病院へ搬送されます。絶望するグレイを見舞いに訪れたエロンは、ステムを埋め込めばまた歩けるようになると話します。 生きる希望を失ったグレイに対し、「アシャなら何を望むだろう?」そうエロンは言い残します。. 年、ニューヨーク。FOXニュースのトップキャスター、メーガン・ケリー(シャーリーズ・セロン)は共和党の大統領候補討議会の進行役を務めていました。この頃のアメリカ全土は候補のひとりドナルド・トランプに振り回されているところでした。メーガンはトランプの女性蔑視発言を激しく追及。激怒したトランプはその日から執拗にメーガンへの罵倒をツイートしました。 一方、朝の顔として活躍してきたベテランニュースキャスター、グレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)は、2年前にあることがきっかけで視聴率の悪い昼の番組へ降格されました。それはFOXニュースの会長兼CEOのロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)から求められた性的関係を拒否したという出来事でした。グレッチェンはそんなロジャーをセクハラで告訴する決意を固めました。. 映画「メメント 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。メメント のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは サスペンス映画 です。. 映画『アス』(us)ネタバレあらすじ&考察を解説! ラストシーンの意味と怖い伏線10選 自分とそっくりのドッペルゲンガーが襲ってくるという斬新なストーリーと、緻密な伏線で大反響を獲得した映画『アス』(us)。.

映画『居酒屋兆治』ネタバレ・あらすじ・結末。昭和とは「過去を背負って生きる美学」の時代だった。損得勘定すると損である。映画『居酒屋兆治』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画. 映画ネタバレあらすじ検索 | 役名や俳優名、あらすじの一部など、あいまいな記憶から映画を検索できます。映画のストーリーを結末まで簡単に解説。映画の感想やレビュー、予告動画や、人気映画ランキング、上映中の最新映画も掲載しています。. 韓国映画作品紹介・あらすじのワウコリア|韓国映画作品紹介・あらすじの一覧ページです。 WoW!

あらすじ 村にて. 【公開】 年(アメリカ映画) 【原題】 Us 【監督】 ジョーダン・ピール 【キャスト】 ルピタ・ニョンゴ 、マディソン・カリー 、ウィンストン・デューク、エヴァン・アレックス 、シャハディ・ライト=ジョセフ、エリザベス・モス、ティム・ハイデッカー、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世 、アナ・ディオプ 、カリー・シェルドン、ノエル・シェルドン 、デューク・ニコルソン 、カーラ・ヘイワード 、ネイサン・ハリントン 【作品概要】 監督はコメディアンや俳優としても活躍、自身が制作と脚本も務めた『ゲット・アウト』()でアカデミー賞脚本賞を獲得したジョーダン・ピール。 主人公でメインキャラクターである家族の母親を演じるのは『それでも夜は明ける』()で第86回アカデミー賞助演女優賞をはじめ数々の賞を受賞し、「スター・ウォーズ」シリーズや『ブラックパンサー』()にも出演する女優ルピタ・ニョンゴ。 家族の父親を演じるのは『ブラックパンサー』、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』()のエムバク役マディソン・カリー。 また『17歳のカルテ』(1999)『ハイ・ライズ』()、TVドラマ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』(-)でエミー賞主演女優賞とゴールデングローブ賞女優賞のドラマ部門を受賞したエリザベス・モスも出演しています。. .

Photo by Stefan Duscio – © Universal Pictures 『アップグレード』は、思考を持つコンピューター・チップが人間の体を乗っ取る為、唯一支配できない心を折ろうと画策する斬新な物語です。 内容が緻密になればなるほど辻褄を合わせるのが難しくなるSFジャンルで、監督と脚本を兼ねたリー・ワネルは最後までペースを落とさず、ひとひねり加えたエンディングを用意しています。 製作したブラムハウス・プロダクションは続編以外の映画製作には5百万ドル前後の予算枠を設けることで知られていますが、ワネルとクルーがこれだけのSF映像と特撮を僅か資金で完成させたことは驚異的。 プロデューサーのジェームズ・ブラムが当初4千万ドル掛かる映画だと本作を呼び、縮小を求められたワネルは、チームと一緒に予算の限界に挑んで近未来の世界を構築。俳優陣の好演も加わり批評家と観客双方から高評価を得ました。 例えば、グレイがエロンから派遣された暗殺者を倒すシーンは、2回のテイク分しか予算上準備できませんでした。 最初は爆発が上手くいかず、ワネルやクルーは祈る思いでモニターを見守り、2度目で期待通りに人形の頭が飛び散った瞬間、皆で喜び合ったとワネルは撮影の苦労を明かしています。 また、主人公グレイ・トレースを演じたローガン・マーシャル=グリーンのコミカルさとドラマを上手く混ぜた演技が映画を強く印象付けています。 『24』シーズン4でナイーヴな青年、ジェリー・ブラッカイマーのDARK BLUE/潜入捜査では格好良い麻薬捜査官、とテレビドラマで注目を集めたマーシャル=グリーン。 スティーヴン・キング著『シャイニング』の劇中に使われたホテルで開催されるオーバールック・映画祭で年にマーシャル=グリーンが主演した『インビテーション』(日本公開は)が上映されました。 アドバイザーに名前を連ねるワネルは同作を観て、彼を本作の主演に選択。 Photo by Stefan Duscio – © Universal Pictures また、コルテス刑事を演じているのは『ゲット・アウト』で複雑な心情を、泣き笑いで見事に表現したジョージア役のベティ・ガブリエルです。 映画 の あらすじ ワネルは、大金やビッグネームを使わなくても、プロを起用することで良質で楽しい映画が作れることを『アップグレード』で証明. 【年版】ホラー映画 で見たい映画が絶対見つかる! 合計7000記事の映画ネタバレあらすじ一覧から、 ホラー映画 で特におすすめの映画を一覧にしてご紹介しています。. Photo by Stefan Duscio – © Universal Pictures 妻の復讐劇を描く近未来を舞台にした『アップグレード』。全身麻痺の大怪我を負ったグレイは犯人を追う為、最先端のコンピューター・チップを脊髄に埋め込み並外れた身体能力を手に入れます。 しかし、事件の黒幕は、人間の精神が限界に達して壊れるまで肉体の全面支配が出来ないと知るコンピューターでした。 本作は、リー・ワネルが独自の発想と工夫で心の可能性を描いたSFアクションスリラー。既視感の無いアクションは特に見所です。. 原作は「このミステリーがすごい!」で年間1位を獲得。600ページ超、登場人物総勢150名という超大作を、史上稀に見る超豪華キャストでおくる映画『64-ロクヨン- 前編/後編』が2部作で公開されました。今回はその気になるあらすじ、キャスト、みどころなどの情報をまとめてお伝えします。.

。 そんていう都市伝説がありますが、もしかしたら今もどこかで私たち自身の影がこちらを伺っているかもしれません。 社会の盲点を突き刺した独特のストーリーと、ユーモアでホラー映画界に新風を吹かせるジョーダン・ピール監督の最新作『Us』。 公開された際には、ぜひ劇場でご覧下さい!. ラ・ラ・ランド の解説・あらすじ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間やフォトギャラリーなども。. · 三国時代の中国を舞台に起こった戦いを描いたアクション映画「レッドクリフ」。前編・後編とそのあらすじを紹介します。 11. バーグマンはこの映画を失敗作と考えて、長年忘れ去っていた。1974年にバーグマンがロサンゼルスでの講演に招聘されたが、その講演前にこの映画が上映された。映画が終わり、演壇に立ったバーグマンは「こんなに良い映画だったんですね」と述べた 。. この映画で爆弾を仕掛けられたバスは、ゼネラルモーターズ製ニュールックバスのロサンゼルス・サンタモニカ地区で走るbig blue bus色である。 複数台が用意され、このうち撮影後に保管されていた1台は、 年 11月に 幕張メッセ で開催された 東京コミコン. Koreaでは韓国映画作品紹介・あらすじを掲載して. 映画『来る』のネタバレあらすじ結末と感想。来る の紹介:年日本映画。人間の嫌な部分をこれでもかと見せつける鬼才が岡田准一と妻夫木聡をw主演に迎え、得体の知れないものに迫られる恐さと日常の身近な人間に潜む怖さ、二重の恐怖を突きつける。.

年公開の『ゲット・アウト』では、現代にも根強く蔓延る人種差別を斬新な切り口で描き、現実は違くとも映画の力を借りてハッピーエンドをもたらしたジョーダン・ピール監督。 そして年に公開した『Us』。“私たち”それに“U. S”=アメリカ合衆国の意味を持つ本作はアメリカの“表に出ること無き虐げられた人々”の姿、表向きの国の姿と真実の国の姿の現状を描いています。 クローン人間達が住んでいるのは地下のトンネルのようなところ。 映画序盤に“Hands Across America”というホームレスや飢餓に苦しむ人々を支援するためのイベントが登場しますが、トンネルに住む人々=“Mole People”というのは元々地下鉄や下水道トンネルなどに住むホームレスの人々を示す言葉なのです。 筆者はアメリカ在住なのですが、住んでいる地域では、地下鉄のホームや出入り口、道端には多くのホームレスが住んでおり、また通っているカレッジでも家が無く学校の駐車場で寝泊まりしている生徒が少なくありません。 貧困は現代のアメリカの最も大きな問題の一つです。 映画 の あらすじ 主人公アデレードは最後に実は地下施設で育ったクローン人間だったことが明らかになります。 彼女はある偶然の出来事をきっかけに地上での“普通の”生活を手に入れた、虐げられた人々の一人なのです。 “Hands Across America”は1986年5月25日に起こった実際の出来事です。 ニューヨークからカリフォルニアまで何百万人もの人々が手を取り合い列を作って、飢餓への支援基金を募りました。 イベントは3400万ドルを達成したものの、しかし運用資金などを差し引くと残った支援金は1500万ドルだったと言います。 劇中で真っ赤な服を着たクローン人間達が直立し、手を取り合い、どこまでも列を伸ばしてゆく画には、ぞくりとさせられます。 本作にはその意味を問いたくなるシンボルが幾つか登場します。 その一つが、少女時代のアデレードがミラーハウスに迷い込む前に見かけた怪しい男が持つプラカードに書かれた“11:11”の数字。 この男は一家がビーチにたどり着く時同じプラカードを持ったまま死体姿で発見され、またクローン人間四人組がやってくる前も時計は“11:11”を指しています。 映画 の あらすじ クローン人間たちには暗黒部/招かれざる客=アンブラや冥府=プルートと名前が付い. 1986年。テレビでは何百万人もの人々がカリフォルニアからニューヨークに渡って手を繋ぎ巨大な一本の線を作り出している様子が放映されていました。 それは飢餓に苦しむ人々、ホームレスの人々への支援基金を集めるための“ Hands Across America ”という試みです。 その頃、少女アデレードは両親とともにサンタクルーズに位置するビーチの上の遊園地を訪れていました。 母親がトイレに行き、父親がシューティングゲームに夢中になっている最中一人で砂浜のミラーハウスに入ったアデレード。 不気味な館の中で彼女は自分にそっくりな少女と出会いました。 ミラーハウスを出て両親の元に帰ったアデレードはショックのあまり失語症となってしまいました。 現在、大人に成長したアデレードは失語症も克服、夫のガブリエルとゾーラ、ジェイソンの2人の子供と暮らす母親になっています。 ガブリエルは陽気な性格、ゾーラはスマートフォンに夢中なティーンエイジャー、ジェイソンはチューバッカのお面がお気に入りの少し変わり者の少年です。 夏、一家はアデレードが幼少期を過ごしたサンタクルーズにある家を訪れました。 ガブリエルはビーチに出かけようとはしゃぎ、アデレードは幼少期の記憶から嫌がりますが渋々ながら家族と共に出かけます。 一家はそこで友人のタイラー一家と落ち合いました。 ジェイソンはビーチで遊んでいる最中、浜辺に不釣り合いな大きなコートを着て腕を大きく広げて立つ男を見ます。 男の手からは血が滴り落ちていました。 夜、アデレードは夫ガブリエルに、昔のミラーハウスでの出来事とトラウマを負ったことを打ち明けます。 ガブリエルは彼女をなだめながらも、あまり真面目に取り合おうとしません。 そこで停電が起こり、ジェイソンは玄関先に4人の不審者が立っていることに気がつきます。 ガブリエルは何度か不審者4人組を追い払おうとしますが、警察を呼ぶといった瞬間に彼らは部屋の中へ押し入ってきます。 侵入者たちは一家とそっくりな人間たちだったのです。 アデレードのドッペルゲンガー、“レッド”を名乗る女性はしゃがれた声で一家について語り始め、「私たちもアメリカ人」と言います。 レッドはアデレードを手錠でテーブルに拘束し、長女ゾーラに走って逃げるように命令、ゾーラのドッペルゲンガー“アンブラ”に後を追わせます。 ガブリエルのドッペ. yourシアターへようこそ。 映画をコンパクトな動画にまとめました!大人気映画やこんな映画誰がみるの?というようなコアな映画もアップして. 『カサブランカ』は名台詞が多いことでも知られています。 有名な「昨日何してたの?」「そんな昔のことはわすれてしまった」「今日会える?」「そんな先のことはわからない」というやり取りは、リックとリックに惚れた女性との会話です。この台詞でリックの皮肉屋の面を強調しているのです。 最も有名な「君の瞳に乾杯」は、実際は”Here’s looking at you,kid. 万引き家族 の解説・あらすじ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間やフォトギャラリーなども。.

年5月。メーガンは1年続いたトランプとの闘いをようやく終わらせようとしていました。お互いの利益のため、メーガンがトランプをインタビューし、トランプが軽くひと言謝ることで手を打つことになりました。 その頃、グレッチェンは突然クビを言い渡されました。すぐに弁護士に連絡し、改めて戦う意志を告げました。 一方ケイラは、秘書からの呼び出しでロジャーの部屋へと向かいました。 そして、7月6日。世界に衝撃が走ります。グレッチェンがロジャーをセクハラで訴えたニュースが報道されました。メーガンは激しく動揺しましたが、自分自身がここへのぼり詰めるまでの出来事を振り返り、同様を見せないようグッとこらえていました。. 近江の国 琵琶湖北岸の村に暮らす貧農の源十郎は、畑の世話をする傍らで焼物を作り町で売っていた。 賤ヶ岳の戦いの前に長浜が羽柴秀吉の軍勢により占領され、賑わっていることを知った源十郎は、妻の宮木と子を残し、焼物を載せた大八車を引いて長浜へ向かった。. 映画 の あらすじ 映画を観ていなくても『カサブランカ』というタイトルは聞いたことがある、あるいは、霧のかかった夜の空港でトレンチコートを着たハンフリー・ボガートとイングリッド・バーグマンが向かい合っているシーンは知っているという方は多いでしょう。 それほど有名な作品なのです。アメリカ映画協会(AFI)が主催する「AFIアメリカ映画100年シリーズ」のうち、「アメリカ映画ベスト100」(1998年)では2位に選出されるなど、公開から50年以上たっても高い評価を受け続けています。 監督のマイケル・カーティスは、『昼も夜も』や『ジャズシンガー』など音楽映画を多く撮っており、本作も「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」というスタンダード曲を効果的に使っています。 ドイツの軍歌・愛国歌として知られる「ラインの守り」をフランスの国家「ラ・マルセイエーズ」がかき消してしまうシーンは爽快感溢れる見せ場となっています。 また、マイケル・カーティス監督には『ミルドレッド・ピアース』という大傑作フィルム・ノワール作品があります。フィルム・ノワールといえば、ファム・ファタールという妖しくも魅惑的な女性が登場しますが、『カサブランカ』におけるイングリッド・バーグマンもなかなかのファム・ファタールではないでしょうか。 果たして彼女が本当に望んだのはリックだったのでしょうか。ラズロだったのでしょうか。実際、制作陣もどちらにするか迷いに迷い、2パターンのラストシーンを撮ったといいます。 本作は、恋愛映画の名作として知られていますが、アクションシーンも多く、ナチスに抵抗し続ける不屈の男、ラズロは勿論のこと、かつて、弱き者のために戦地に向かい、再び立ち上がろうとする男、リックの生き様を描いた作品でもあります。 そして署長という立場を利用しては金や女をものにし、ドイツ軍人にはおべっかを使う俗人でありながら、最後に反骨精神と狭義心を発揮するルノー署長の心意気にもぐっとくるのです。.